専業主婦の生活の知識

会社員の旦那を持つ専業主婦が将来受け取れる年金

投稿日:

最近の女性は結婚しても結婚するまでの仕事にそのまま在籍する人もいます。共働きの方が生活の面から言えば安心できますし何より老後のことを考えれば収入源がなくなることで不安を感じるようです。

国民の義務を果たす事で年金が受取れる

でも専業主婦ならではの特権とも言うべき制度もありますし、将来受け取る年金を増やす方法もあるのです。老後の生活財源と言えば年金ですが、国民の義務として20歳から60歳になるまでの間は年金保険料を支払う義務があります。

 

会社員の専業主婦なら扶養内だから支払わなくていいのかなぁ・・・


皆が年金保険料を納めることで将来年金が受け取れることになるのですが、収入のない専業主婦は公務員やサラリーマンと結婚した場合には夫の扶養に入りますので第三号被保険者となり以降の年金保険料支払いは免除されます。

専業主婦が年金で受取れる額って?

支払い免除で将来年金が受け取れるというのは専業主婦の特権とも言うべきでしょうが、とても恵まれていると言えます。因みに現在の年金保険料は毎月16,260円になりますので

 

旦那が会社員で良かったのかも・・・


旦那さんが公務員かサラリーマンでいる間はずっと支払わずに基礎年金が受け取れることになるのです。旦那さんが公務員かサラリーマンの人は感謝しなければいけませんね。

では将来年金を受け取れる段階になったとして受け取れる年金は国民年金支給額相当になります。旦那さんは厚生か共済年金ですので旦那さんの受け取り分よりは少なくなります。

将来の年金に備えておきたいこと

これは第三号被保険者が支払い免除になることで基礎年金だけが支給されることになるからです。基礎年金だけでは心もとないと思われている専業主婦の方で将来もっと年金を受け取りたいのであれば

 

付加年金に加入することをお勧めします。


付加年金は毎月400円を支払うことで貰う時には付加年金保険期間(一か月計算)に200円を掛けた金額が年額支給されます。40年間と計算して65歳で受け取ると僅か2年で元が取れる計算になるので、財テクとしてやってみるのも良いでしょう。

最近の投稿

カテゴリー

-専業主婦の生活の知識

Copyright© 専業主婦は消費者金融では借りれない※でも諦めないで! , 2019 All Rights Reserved.