専業主婦 消費者金融

専業主婦がパートに出る時に気をつける事

専業主婦がパートする際に注意する扶養控除と年収についてですが、まず税金の扶養控除の事ですが、主婦パートの給与が年間103万円以下の場合は税負担は増えず、世帯年収を増やすことが出来てお得になります。

 

 

パートにでるときに最初の壁が103万の壁になり、これを超えないように注意する必要があります。


そして、次の壁が130万の壁といい、年金や健康保険の年収130万以下の場合、夫の保険から外れることなく保険料を負担しなくて済みます。実際に気をつけないといけないのが、

 

 

130万の壁で、130万を超えると夫の税額も増え、主婦本人が保険に加入し、その保険料も支払わないといけないので負担が大きくなってしまいます。


例えば、年収140万で、保険料が18万円の場合だと税負担を合わせると年収120万円の時と世帯年収は変わらなくなってしまうので、20万円分損をしてしまいます。世帯年収を増やすためにパートをするとき、まずは103万円が1つの目安になりますが、その次に目安が、130万円です。

 

もっと世帯年収を増やして得をしたいなら、年収150万円を超えないと得にはなりません。このように主婦が働くには、所得税の壁、社会保険の壁と注意する所がたくさんあります。

 

妻の年収が103万〜130万までなら税金が増えても負担は軽いのですが、年収が130万を超えてくると一気に負担が大きくなるので、

 

 

130万〜150万の間の年収の人は気をつけなければいけません。


この範囲で働くと損をする方が大きいので、130万円以下にするか150万円以上働くかどちらかを選択しないといけません。たくさん働きたい人は、年収160万円以上働くとお得になるので考えながら働くことが大事です。