専業主婦 消費者金融

専業主婦のクレジットカードの申込

 

まず専業主婦本人には収入がないので、クレジットカードを作るのに選択肢は狭まります。


そこで、審査の基準になるのが配偶者の年収、勤務先、勤続年数です。年収はもちろん高ければ高いほどと通りやすいですし、配偶者がカードを作る専業主婦の支払いを賄えるかが審査されます。

 

 

次に、持ち家かどうか、持ち家の場合は住んでから長いほどいいようです。


さらに、それまでのカード利用の履歴、もちろん配偶者のものも含みますが、過去に延滞や滞納がなかったかをチェックされます。

 

これは、携帯電話で本体を割賦で支払いされている多くの方は注意が必要です。携帯料金の支払いが遅れてしまうと信用情報に載ってしまい、審査に通りにくくなってしまうからです。この信用情報というものは、過去にさかのぼって3年ぐらいは保存されるようです。

 

 

また、もし固定電話があれば、それを記入すれば信用度は上がってきます。


固定電話は、番号から住所がわかりますので、携帯電話の番号だけより信用されます。他には、その世帯のローン残高がどれくらいあるかも審査の対象の一つです。 その残高が収入に見合っているかを審査され、もし、虚偽の申告をしてもすぐに調べられてわかります。

 

審査に通りたいのであれば、例えば18歳以上の女性なら誰でも作れるカードや、主婦をターゲットにしているような大型スーパーなどが発行しているクレジットカードならもちろん審査はありますがハードルはかなり低くなります。さらに、申し込みの際に、キャッシング枠を0にすると 審査に通りやすいようです。