専業主婦 消費者金融

専業主婦の仕事を年収換算してみて納得

専業主婦として過ごしている一日のうち、子どもが起きている時間は14時間程度です。会社員の場合は8時間勤務で1時間休憩といいう形で会社で過ごし、残業があるかどうかで違ってきます。

 

 

残業を一日1時間と考えても一日は9時間働くという換算になります。


専業主婦の14時間の過ごし方としては、慌ただしく子どもの相手をしている間は会社員の仕事より忙しい場合もありますし、子どもとゆっくり過ごしている時間は会社員よりゆったりしていると思います。

 

精神的な緊張としては会社員の場合は、仕事を責任を持って一定以上の結果を出すことが求められますが、

 

 

専業主婦は手を抜くこともできます。


その意味では楽ですが、子どもが病気になったり、危険なことがないかなど、常に軽く気を張っている状態は続いていますし、決して気楽にしていられることはありません。そういった観点から考えると、

 

 

時給換算すると700円ぐらいはもらえても良いのではと感じます。


時給700円換算しても年収にすると納得のいく金額になる

時給700円で14時間勤務すると考えると一日9,800円になります。それを365日毎日と考えると年収は3,488,800円となります。子どもが何人いるか、何歳なのかなどの家族構成にもよるかと思いますが、

 

 

4歳と0歳の子どもを持つ自分に置き換えていると、すごく妥当だという気がします。


これは私が独身時代に働いていた年収とほぼ同じ程度なのですが、今の生活の方がハードだと思うところさえ多々あります。
欲を言うのであれば、主婦にもボーナスがほしいですし、年収400万円程度もらえたらすごく納得します。