専業主婦 消費者金融

専業主婦でいるなら夫の年収は800万円は欲しい

夫の年収が800万円あったとしても、住宅ローンがあるかどうかなどの条件によっても専業主婦でいられるかどうかは変わってきます。住宅ローンと賃貸料では月々の支出にはそれほど差はないかもしれませんが、

 

 

固定資産税など持ち家の方が出ていく金額は意外に大きくなります。


一番大きく影響するのは子どもの数と通っている学校が私立なのか公立なのかではないでしょうか。

 

 

私立に通われるとやはり痛いです。


長男が私立高校に通っていましたが、交通費や部活の合宿代、一応進学校だったので模擬試験なども頻繁にあり、本当にたくさんのお金が出ていきました。

 

 

当時夫は800万程度稼いでくれていましたが、まったく余裕はなかったです。


下の子は公立中学でさほどかかっていませんし、家族旅行も行かず、外食は回転寿司という質素な暮らしぶりでしたので家計を圧迫していたのは教育費です。これが二人ともに公立で自転車で通えるような学校に通っていれば違っていたと思います。

家計を圧迫する教育費の掛かる家庭なら夫の年収に加えてパート収入も必要

しかし、苦しい間でも学資保険を払い続けたおかげで、二人の子どもが私立大学に入学することになっても、奨学金を借りることなく通わせることができています。しかし、ある程度の余裕が欲しい人は、

 

 

さっさとパートに出たほうがいいかもしれません。


少しゆとりができた今振り返って思うのは、節約と貯金のことばかり考えていたせいで物欲が枯渇したように何も欲しくなくなってしまったということです。800万円でも家族四人であまりゆとりがないなんて本当にお金のかかる国です。それともお金の使い方が間違っているのでしょうか?