専業主婦 消費者金融

消費者金融の審査で重要とされる点は?

消費者金融を利用できるのは、本人の収入できちんと返済を行える人だけです。無収入の人は原則的に利用することはできません。その為、審査を通過するにはまず職業の安定性が求められます。

 

 

消費者金融はアルバイトやパートの人でも利用は可能です


が、比較的安定している職業だと言える会社員や公務員などと比べると、厳しく見られてしまうことがあります。そして現在の年収額、また他社からの借り入れ額や件数も審査において重要な要素となります。

消費者金融を利用する上で知っておくべき規制

総量規制という決まりがあり、合計して年収の1/3を超える借り入れはできないので、既にどれくらいの借り入れがあるかをチェックし、年収額と照らし合わせて融資を行っても大丈夫かどうかを確認します。あまり借り入れ件数が多い場合、

 

 

借り入れ総額が総量規制の金額に達していなくても審査で落とされてしまうことが多分にあります。


多数の消費者金融から借り入れを行っている人は、前の消費者金融への返済の為に次から次へと借り入れを繰り返している可能性があるからです。そのような人は職業や年収額以前に信用されない傾向があります。

消費者金融の審査では債務履歴も重要

またこの審査では現在の借り入れ額や件数だけでなく、過去の借り入れ状況も判断要素になります。キャッシングの世界では返済の遅延は一番行ってはいけない行為なので、過去にそれを行ったことがある場合は審査では厳しく見られることになります。

 

 

信用情報ってどれくらいの期間、登録されているのかなぁ・・・


尚、この過去の借り入れ状況は全て信用情報機関に記録されており、直近の5年間の分を照会できるようになっています。このような様々な要素から希望額に沿った限度額を設定できるかどうかを判断し、審査結果が出ます。

 

 

融資の申込みはできるだけ必要最低限の金額に設定するのも審査のハードルを下げるコツです。


希望額では通過できなかった場合でも、希望額より多少下の限度額で通過できることがあります。この場合はその限度額でも良ければ契約を行うことができます。