専業主婦 消費者金融

消費者金融を利用できない専業主婦の定義

専業主婦がキャッシングを利用できるかどうかを考える場合は、最初に注意しておかなければならないことがあります。それは専業主婦の定義であり、それを曖昧にしてしまうと自分と他の人との話がかみ合わなくなってしまうことがあります。

 

 

私は在宅で収入をえているのだけれど専業主婦なのかなぁ・・・


まず専業主婦とは、読んで字のごとく、主婦業に専念していて仕事を何もしていない主婦のことだと定義できます。それゆえ無職で完全に無収入である可能性が高いということになります。もしも本当に完全に無収入であれば、

 

 

世間一般的には専業主婦に見えるけど収入を家計に組み込んでいるのなら兼業主婦とも云えるんじゃない・・・


さすがにキャッシングの利用は無理だと考えられます。と言うのも、どんなキャッシング会社にも利用規約や貸付条件などがあるものですが、「無収入でも融資が受けられます」などと明記している会社は無いからです。

消費者金融の審査において重要なのは「安定した収入」

もしも無収入でも融資可能という業者があれば闇金と疑わざるおえません。しかし世の中には、「専業主婦とは正社員として勤務していない主婦」だと認識している人も少なからずいます。

 

 

それなら消費者金融のカードローンを利用できるかしら・・・


ですから、パートやアルバイトで定収入を得ている専業主婦もいるということも考えられます。毎月の定収入がある主婦であれば、消費者金融で定義されている専業主婦ではないので申し込めば審査に通る可能性はあります。

 

 

その収入が安定しているのなら利用は可能だけど審査の結果はまた別問題よ。


但し利用枠は少なめになってしまうことは避けられません。何故なら消費者金融のキャッシングは総量規制が対象だからです。また、あくまでも利用できる可能性があるだけであって、必ず利用できるというわけではありません。

 

例えば過去に利用履歴に問題があったり他社でも利用しているなら、たとえ定収入のある主婦としては属性が高くても、審査に通るのは難しくなってしまいます。