専業主婦 消費者金融

娠出産への助成は多いけど思わぬ出費に気をつけて

妊娠・出産にはお金がかかりますよね。特にデキちゃった結婚など予想外の妊娠だとお金の計画が狂ってしまうものです。妊娠・出産にはどのくらいのお金がかかるのでしょうか?まず妊婦中に大切なのは妊婦検診のためのお金です。

 

現在は自治体の助成があるところが多く1回の受診につき2,000円〜3,000円を助成してもらえます。


助成を受けるためには受診票が必要なので、妊娠がわかったら早めに自治体に申告しましょう。ただし妊婦検診の費用には決まりがないので選ぶ病院によってはその助成だけでは足りない病院もあります。また注意したいのは妊婦検診の助成は定期的なものに限られるということ。

 

 

つまり「妊娠したかも?」を調べる初期段階の診察や各種検査(血液検査)などは自費になります。


合計すると1〜3万円ぐらいは自費になるようです。助成があるとたかを括っていると思わぬ出費に動揺してしまうかもしれませんね。

 

また出産費用も健康保険から助成があります。出産一時金という名前のもので40万円程度出るので、それを退院時に支払えばOKです。

 

ただしこれも気をつけたいのが病院によっては出産一時金だけでは足りないケースがあるということ。特に東京・神奈川・埼玉などの首都圏では出産時の入院費用の平均は50万円を超えています。

 

足りない分は自己負担で支払わなければならないので、出産する病院を選ぶ前に総額を確認することが大切ですね。出産費用が足りなくてもあわてる必要はありません。現在は手軽に借りられるローンも充実しています。可愛いわが子に会うために賢く利用したいですね。